足短かおじさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原子力の実情:女性職員から

<<   作成日時 : 2011/03/17 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

福島原子力は事故がなかなか収束出来ていません。福島第一原発は、想定を遙かに上回る津波による電源喪失、重要機器冠水等で、多重化されている安全機能や遠隔操作が使えず、現在現地の作業関係者は決死隊のような仕事をしています。排出されている放射性廃棄物とそれによる放射線量は、現在一般公衆の健康に影響が出るレベルではありませんが、現場で作業している従業員は大変なリスクを負っています。今、最大のリスクは、放射性廃棄物の放出が更に増え、現場の線量が上がって、従事者全員が退避せざるをえなくなるような状態だと思います。先ずは、高圧放水車により使用済燃料プールへの給水が成功し、現在始まっている東北電力からの外部電源との接続、必要な機器への繋ぎ込みが出来、正常な冷却が出来るようになって事故が収束することを期待しています。
福島原子力第二発電所の女性職員が、実名を出して、mixi で日記を書いています。
ご友人に送られたものが昨晩転送され、更に配布されてきましたので、お送りします。      ==========================
今日の朝方 発電所から避難させられ福島の親戚の家で家族と合流しました
とりあえず私は無事です
お前だけは安全な所へ…と言われ泣きながら企業さんの車で発電所をあとにしました
本当にこのような事になってしまい本当に申し訳ありません
東電はすごく叩かれてる…
でも逃げずに命懸けで作業を続けてるのも東電です
どうか非難しないで下さい
私も東電の社員として福島第二原発の所員として昨日まで現場対応にも参加してました
大津波警報で夜中の3時足元も見えないまま死ぬ覚悟で海の目の前での復旧作業…
冷却機能のある機械は海側のため津波でやられてしまいなんとか復旧しようとみんな必死でした
みんな疲労と戦いながら足を引きずりながら作業にあたっていました
冷却機能を復旧できなければ第二原発も第一原発のような爆発が起きていました
それを防いで全号機冷温停止させたのも東電です
発電所を見捨てて逃げればこんな状況では済まされません
逃げずに立ち向かっているんです
津波の影響は想像を遥かに超えていました
地震だけであれば第一原発の爆発も起きなかったんです
みんな自分の命を顧みず 停止する作業に全うしてます
多々噂があるけど避難勧告の圏外にいれば健康に影響ある程浴びる可能性は低いです
健康に影響がある程浴びるのは発電所で頑張ってる作業員のみんなです
殆ど寝ず食わずで現場に行っています
噂に左右されず 避難勧告圏外へ避難して外気になるべく触れないようにして下さい
彼氏は今もずっと発電所で夜勤を続けてます
今はただ皆の安全を祈るしかできない…
一番怖いのは発電所で作業している皆です
逃げずにそれに立ち向かっているのは東電と関係企業さんです
家族との連絡がつかない人もたくさんいるけど現場へ向かい作業をしてます
それだけは忘れないで下さい
一人でも多くの人に知って欲しい
悪用防止の為コピーではなくURL公開して下さい
発電所のみんなは逃げずに今も戦っています
住民の 皆様には不安な思いをさせて大変申し訳なく思っています
誹謗中傷 覚悟の上で名前も載せます
皆を守る為自分の命と引き換えに今も作業をしている人がいます
こんな状況ですが 自分の命を顧みず立ち向かっているみんなを見て一緒に復旧作業に当たることができて 東電社員であること 福島第二原発所員であることを誇りに思います

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京電力福島第2原子力発電所訪問記
所属しているEEE会議のアレンジで、東京電力福島第2原子力発電所を訪問する機会を得ました(写真は原子力規制委員会HPから転載)。事故を起こした福島第1原発から南に約10km。楢葉町と富岡町の両方に属しており、福島第1原発20km以内のため避難指示区域になっていましたが、既に帰還が可能な放射線レベルになっており、一昨年から避難指示解除準備区域になっています。 2011年3月11日地震発生時4基の110万kW機が全基フルロードで運転中でした。地震を感知し全号機原子炉は停止しましたが、敷地... ...続きを見る
足短かおじさんのブログ
2015/02/07 17:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原子力の実情:女性職員から 足短かおじさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる