足短かおじさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ならず者国家に囲まれた日本・大事な事は政策先送りの日本---2017年を振り返って(その2)

<<   作成日時 : 2018/01/09 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界は混迷の中の2017年でした。
米国はトランプ大統領が就任し、オバマケア(国民皆保険制度)、TPP(環太平洋経済連携協定)、パリ協定(気候変動枠組条約)等、前政権の進めてきた政策をことごとく否定。アメリカ第一の保護政策、白人至上主義、イスラム教徒の移民制限、メキシコとの国境の壁建設等に舵を切っています。大統領選挙の時にはワシントンDCやウォール街富裕層を敵視し見捨てられた低所得層の味方のようなことを言っておきながら、実際に実行していることは富裕層の減税など既得権益に利する政策を進めています。身内のユダヤ教娘夫婦とユダヤ人社会に一方的に与し国連合意を無視するイスラエル・エルサレム首都承認・大使館移転を宣言し、それに反対する国には経済支援を止めると威嚇。ペテン師でならず者の大統領登場です。しかし、失業率が下がり株価も上昇し、米国民の4割弱(トランプに投票した人の8割)が彼を支持しているというのですから、当面何が起きるか分からない2018年です。
画像日本の西方、北方は既に国際秩序を乱すならず者国家で取り囲まれており、北朝鮮はミサイル発射・核実験を繰り返し、その軍事能力を高めています。北朝鮮金正恩が「自分の机には常に核兵器発射のボタンがある」と述べると、トランプは「自分の核兵器ボタンの方がはるかに大きく、強力だ」と切り返しており、正気の沙汰とは思えません。1年半前の日米合同軍事演習シミュレーションでは、「仮に日本の都市が北朝鮮に核攻撃され何十万人かの犠牲者が出ても、米軍は北朝鮮を攻撃しない」というものでした。日本政府は対ミサイル防衛兵器を急遽増強するべく来年度政府予算案に織り込もうとしています。
画像米国が世界のリーダーとしての国際的影響力を失っていく反面、影響力を増しているのが中国とロシアです。米国が一時シリア反政府軍に肩入れしていたのに対し、今はロシアが主導権を握り政府軍を軍事支援しIS(イスラム国テロ組織)撃退に効果を挙げつつあります。中国は「一路一帯」のスローガンのもと、中央アジア、東南アジア、アフリカまで鉄道敷設やインフラ整備、港湾権利確保等、覇権主義の本領を発揮しつつあります。南シナ海も基地化を進めています。中露は非民主国枢軸・闇ルートの要になっています。北朝鮮への経済封鎖に対しても中露が抜け穴を作り手助けをしています。
この一年我が国の政治はどうだったのでしょうか。安倍内閣は世界の中で安定した政権を維持できていると思いますが、政権が長くなると、官僚の中には人事権を有するトップ権力者の意を「忖度」して阿る不適切な行政が行われがちです。野党の追求も甘く的外れであり、7月の衆議院解散総選挙でも野党自爆自滅で自民党の勝利に終わりました。しかし、絶対多数を取っているにも関わらず、税と社会保障費の一体改革、岩盤規制緩和、農業近代化、エネルギー政策基本方針など重要課題は先送りし、本来なすべき改革は一向に進みません。
画像
12月に発表された平成30年度国家予算案です。29年度に比べ2500億円膨張し、6年連続過去最高を更新しています。税収は59兆円しかないのに歳出は97.7兆円です。中でも社会保障費が5000億円増え、政策経費の44%を占めています。「税と社会保障費の一体改革」はほとんど手付かずです。特に医療費が年々膨張していくのを止める政策を打ち出さないと、いずれ財政は破綻します。また、相変わらずのバラマキも顕著です。この図表に示されていませんが、29年度補正予算2.7兆円の内、農林水産省が4600億円、このうちTPP関連農業対策に3170億円が計上されています。TPPで農家は収入で損は生じないのに農水省と農林族議員の圧力によるバラマキです。酪農農家、養豚農家の平均所得はそれぞれ1200万円、1500万円です。自由化しても価格は下がらず、消費者に高い財政負担が加わるだけです。今のままでは若者は将来に希望が持てず、世界における日本の位置は低下するのみに思えます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ならず者国家に囲まれた日本・大事な事は政策先送りの日本---2017年を振り返って(その2) 足短かおじさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる